犬に与えるべき食べ物情報 食いつきが違うすごいフード

愛犬にもおいしいものを食べてもらいたい…そんな飼い主さんに朗報です!すごいドッグフードが出ましたよ!

メインイメージ

しつけと犬用おやつのトリーツ

2013-10-03

犬は古来から人間にとって、狩りを助けてくれたりする大切なパートナーとなる存在の動物でした。
これほど賢く、そして忠義深い動物は他にはありません。
しかし、その高い忠誠心を持つために、やはりきちんとしたしつけが必要になってくるのは言うまでもありません。

しつけは犬を飼うにあたってどうしても外すことのできない教育です。
犬の祖先はオオカミだという話を聞いたことがあるでしょうか?
オオカミは群れにおける集団行動を得意とし、お互いに協力し合って狩りをし獲物を仕留める習性があります。
この集団行動に欠かせなくなってくるのが、群れの中での上下関係です。
これはペットと飼い主の主従関係に大きく通じるものがあります。
リーダーシップが高く統率力のある人間に、飼い犬がついていこうと思うのは自然な習性なのです。
逆に頼りのないひ弱な飼い主だと判断されれば、その主従関係は危ういものになりかねません。
犬と飼い主の間にしっかりとした立場の違いを示すため、しつけというものがどうしても必要になってくるのです。

ただし、しつけと言っても単に厳しい規律を押し付けて叱ってばかりいてもしかたありません。
もちろん、悪いことをしたときは厳しく叱ってやる必要もあるかもしれませんが、犬と信頼関係を築くのが上手な人ほど犬のボディランゲージを理解して怒ることなくしつけることができると言います。
もちろん、良いことや正しいことをしたときにはきちんと褒めてやることも重要です。
動物園や水族館のショーで、動物に演技をさせた後で必ず餌やオヤツを与えている姿を目にすると思いますが、あれもしつけのうちの一つで、褒美をあたえることにより演技をすれば褒美がもらえるということを動物が学習するのです。

このようにしつけのために用いる一つのアイテムとして、犬の場合はトリーツというオヤツがあります。
トリーツの成分は、マグロの肉だったりレバーだったり様々な種類のものがありますが、できるだけ添加物の少ないものを選んであげると良いでしょう。
また、犬によって好みもあるので、事前に好きなものを調べておくと、しつけの際により効果を発揮することができるはずです。
しかし、いくらしつけに必要なものだからといって与えすぎは禁物です。
トリーツの美味しさに魅了されすぎてしまうと、最悪の場合肝心の餌であるドッグフードを食べなくなってしまう恐れがあります。
しつけの際に必要なトリーツの量はごくわずかで十分で、量よりもその犬の好みのものを与えるほうが効果的だと言われています。

Copyright© 2013 犬に与えるべき食べ物情報 食いつきが違うすごいフード All Rights Reserved.